2016年06月27日

筆記試験、資料持ち込み可になったのはG2015正式版だけです。(not暫定版)

知ってる人は知っている話ですが、ガイドライン2015正式版のBLS/ACLSプロバイダーコースの筆記試験は、テキスト持ち込み可となりました。

ただし、これはG2015正式版だけの話です。暫定コースは引き続き、持ち込み不可なのでご注意を。

これはインストラクター向けのメッセージですが、筆記試験が持ち込み可に変わったというのは、AHAコースの教材設計がガラリと変わったことを意味します。

テキストや参考書を見てはいけないとされる筆記試験で問われるのはなにか?

知識、ですよね。

それに対して、テキスト持ち込みOKの筆記試験で問われるものは何か? 少なくとも「知識」ではありません。

そう考えると、G2015正式版はG2010やG2015暫定コースに比べて、ゴール設定が大きく様変わりしたといえます。そこに向かってフォーカスした教材設計がされているのがG2015正式版。そこが暫定版ではまったく反映されていません。

と、考えれば、暫定コースで筆記試験持ち込みにするのはナンセンス。

わかりますよね?


ということで、インストラクター側も暫定コースと正式コースの違いを、教育学の観点からきちんと考える必要があります。中途半端なG2015化は浅はかとしか言えません。





posted by めっつぇんばーむ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の心肺蘇生ガイドライン2015速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439466746
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック