2015年11月25日

PEARSの概念をAHA以上によく表現しているERCガイドラインの院内救命アルゴリズム

病院内心停止と、病院外心停止を概念的に切り分けたのが蘇生ガイドライン2015の最大のポイントかなと思うのですが、AHAガイドラインのアルゴリズムとしては、いまいちその違いが感じられないのが残念。

その点、ヨーロッパ版のERC蘇生ガイドライン2015の病院内心停止アルゴリズムはより具体的です。

ヨーロッパ蘇生協議会ERCガイドライン2015の院内心停止アルゴリズム


入り口が心停止を匂わす卒倒に限らず、Sick Patient、つまり具合の悪そうな患者を見たというところからスタートしています。

生命徴候がなければ30:2のCPRですが、生命徴候がある場合は、ABCDEアプローチで体系的なアセスメントをして、病態認識と処置をしろと。

その処置というのは酸素投与と静脈路確保のこと。

そうやって最低限の安定化で心停止を食い止めつつ、蘇生チームに引き継げという内容。

完全にPEARSですね。

心停止予防のモニタリングをBLSプロバイダー(英語版表記ではPrimary Provider)の業務範囲と具体案もなく提示しているAHAガイドラインより、よっぽど明確です。



posted by めっつぇんばーむ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の心肺蘇生ガイドライン2015速報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430203162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック